家庭教師と学習塾を選ぶ方法は色々とありますし、どちらが良いのかと迷いますよね。それは子供の本質で決められると良いかと思います。これからご紹介していきますので参考にしてみてください。

家庭教師に良いプレッシャーを与える契約

せっかく家庭教師を頼むのであれば、教える側も教わる側にとってもやりがいのある物にし、より有意義な時間となれるような契約を結びましょう。
契約内容によって、教える側のモチベーションは変わってきます。
内容に不服があればモチベーションは下がってしまいますが、逆に満足出来るような内容であれば、モチベーションは上がります。
だからと言って、物凄く良すぎる契約内容といのも、プレッシャーを与え過ぎてしまい兼ねません。
どんな気持ちで教えてくれるのかで、学力が向上出来るか変わってきます。
ある程度の相場は決まっていますが、教える側の学歴や経験によっても変わってきます。
経歴を良く見極めることが大切ですが、実際に勉強を教わってみないと分からないのも事実ではあります。
どれだけ長いキャリアを持っていたとしても、経験の長さだけでは身についていないこともありますし、経験が浅くても内容の濃い授業を行なえる方もいます。
その人それぞれの人間性や性格、経験によっても教える勉強内容は同じでも、教え方は変わってきます。
教え方が変われば、覚える事は同じでも、伝わり方や勉強に対する姿勢は変わってきます。
テストの結果や、成績の結果、学力の変化に応じて契約内容を見直すのもいいでしょう。
結果が良くなる都度、契約内容に変化を付けることで、学力を向上させるという気持ちを向上させることが出来ます。
テストの点数や成績の結果に目標点をつけ、その目標をクリア出来ていたら変えるなど、目標を持たせることでモチベーションアップに繋がります。
契約内容ももちろん大切ですが、教えて頂く先生に対して親切で丁寧な対応をすることでも、人ですからやる気が変わってきます。
より良い人間関係を築き上げ、学力の向上を目指しましょう。