家庭教師と学習塾を選ぶ方法は色々とありますし、どちらが良いのかと迷いますよね。それは子供の本質で決められると良いかと思います。これからご紹介していきますので参考にしてみてください。

家庭教師と学習塾、どっちを選ぶべき?

迷っているお母さん

家庭教師と学習塾ではどちらが良いのかということを迷われる方が多いのではないかと思います。
ここではそれぞれのメリットとデメリットについて考えてみます。
まず家庭教師の最大のメリットは一対一指導のスタイルなので、お互いその生徒の能力にぴったり合わせて指導を行えるという点に限ります。
理解のスピードや得意不得意、学力は一人一人の生徒によって変わってくるわけですから、それに合わせて指導を受けることが一番効率が高いことは言うまでもありません。
一緒に勉強している家庭教師と子供 また通う必要がありませんし時間の融通も効きやすいため、他の部活動や習い事などの両立も可能だという点です。
さらに、突然テストが学校で行われたりした時などに、ある程度授業内容の変更ができるのも、家庭教師の良い点ではあります。
しかし家庭教師は一般的に集団塾よりも料金が高くなりがちである点がデメリットとなります。
またプロの家庭教師ならば良いですが、それでもやはり教師の指導力というものに差ができやすいということです。
生徒と教師の間の信頼関係が築きやすいので分からない点などもマイペースに質問することができるのは、家庭教師の一番のメリットと言えるでしょう。
学習塾の最大のメリットといえば塾が合格するためのノウハウが深く研究されているところです。
特に札幌で有名な塾では、そのスタイルに沿ったオリジナルのカリキュラムを使って授業を受けることができることです。
また集団で授業を行うため、授業料は家庭教師よりも安くなる傾向にあります。
学習塾の室内 そういった中で長年の研究が凝縮された密度の濃い授業を受けることができます。
塾の中で同じレベルの生徒や目標としている大学を狙っている競争相手がいる環境なので、いつもその競争によって緊張感が絶えることなく学習を取り組むことができます。
しかしデメリットとしてはいつも通わなければいけないため、生徒が部活動などを行っていると授業を受けられない場合がある点が考えられます。
また多くの生徒に対応した授業をしているため生徒個人の事情などを考慮してそれにぴったり合った授業が受けられるということはありません。
講師はしっかりと選別された受験のプロが行っていることが多いですが、一方で保護者の目が届きにくいので結果が出なくても明確に責任を感じることが少なくなる可能性があります。
その点も学習塾のデメリットとして把握しておくとよいでしょう。
以上のような点を考慮して自分のお子様に最適なのはどちらかということを考えてみることをお勧めいたします。